膠原病と関節リウマチ: 温熱療法

Call:03-3724-4856 目黒区の都立大学駅:鍼灸・整体院 tel:03-3724-4856

リウマチ基礎知識リウマチについて東洋医学について

リハビリテーション 温熱療法

温熱療法

基本的に、炎症が激しく、患部が熱をもって腫れているときは、氷や冷湿布で冷やす寒冷療法がとられます。
炎症が鎮まったあと、関節の変形などによる痛みを抑えるために、患部を含めた全体を温めて血液の循環を良くする温熱療法がとられます。
関節リウマチの理学療法の中で最も多く行われているのが、温熱療法です。

よく温泉地に行くと、温泉の効能のひとつに「リウマチ」と書かれていることがあります。温泉に含まれる成分の薬効以上に、「からだを温める」こと自体、関節を温めて、血液の循環をよくし老廃物や痛み物質の排出が促され、痛みを和らげる効果があります。


温泉に限らず、温熱療法には、超音波やレーザーを使った電気療法、医療用パラフィンをお湯に溶かして患部を浸すパラフィン浴、保温性のある袋を温めて患部にあてるホットパックなどがあります。


温熱療法にしろ寒冷療法にしろ、どちらも自己流で行うのは禁物です。どのような症状によって、温めた方がよいのか、冷やした方がよいのかは違ってきますし、効果も異なりますので、必ず専門家の指示に従って行うことが大切です。

電気療法

主に医療機関で受けることができます。超音波やレーザーを使った電気療法は、患部の奥深くまで温熱が達しますので、股関節や膝など、大きな関節に効果があります。ただし、人工関節を入れている人や心臓ペースメーカーを入れている人は、金属部分が高熱になるおそれがあるため、使用には注意を要します。

その他の温熱療法

パラフィン浴やホットパックは、じんわりと温めることによって、関節の血流をよくしたり、筋肉の緊張をほぐして可動域を広げる効果があります。

医療用パラフィンやホットパックは、薬局でも購入することができ、自宅で行うことができます

。温熱療法に続けて運動療法を行うと、より柔軟性が上がりリハビリ効果があがります

また、足湯や入浴も手軽に行うことができる温熱療法の一種と言えます。

ご案内

電話受付

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前9時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

Call:03-3724-4856 tel:03-3724-4856 tel:03-3724-4856

アクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)  ・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学 ・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。

■メインメニュー
トップページ料金・メニュープロフィールQ & Aお問い合わせ予約空き状況はコチラ!

■コラム
東洋医学についてWHOにも認められた代替療法東洋医学――長い歴史に培われた理論
リウマチについて
リウマチ基礎知識1.関節リウマチの発症の原因とリウマチ遺伝子2.関節リウマチ発症の原因と環境因子3.膠原病とは4.膠原病と関節リウマチ5.特殊な関節リウマチ6.関節リウマチの症状7.リウマチの診断基準8.関節リウマチの進行9.関節リウマチと合併しやすい病気10.活動性の評価11.寛解について12.間違いやすい病気13.関節リウマチの検査14.薬による治療15.そのほかの治療16.運動療法17.ウィンド オブ オポチュニティ18.リハビリテーション 温熱療法19.リハビリテーション 温泉療法20.食事療法21.呼吸療法22.イメージ療法23.自然治癒力24.ストレスと自然治癒力25.自然治癒力を高める方法