Call:03-3724-4856

膠原病と関節リウマチ

目黒区の都立大学駅:鍼灸・整体院 tel:03-3724-4856

リウマチ基礎知識リウマチについて東洋医学について

9.関節リウマチと合併しやすい病気

関節リウマチは、関節以外の部位でも炎症が起こる進行性の病気です。関節リウマチになることで、様々な病気を併発するケースがあります。

関節リウマチと合併しやすい病気

心外膜炎・心筋炎

心外膜炎は心臓を覆う外膜に、心筋炎は心臓の筋肉そのものに炎症が起こる病気です。どちらも動機や息切れ、胸の痛みなどの症状が出ます。

間質性肺炎

肺の肺胞と肺胞の間に炎症が生じ、空咳や息苦しさを感じます。進行すると、肺が縮んたり、線維化して、さらに肺の機能が障害されます。

閉塞性細気管支炎

気管支の枝分かれ部分に炎症が起き、喘息のような咳、息苦しさなどの症状が出ます。

皮下結節

リウマトイド結節とも呼ばれ、肘や膝などの皮膚のしたに、ゴムのような質感のコリコリとした塊ができます。

皮膚筋炎・多発性筋炎

筋肉の炎症により、筋肉に力が入らない、力が抜けてしまう症状。手指の関節の皮膚がゴワゴワして盛り上がり、むくみ、赤い発疹が目の周辺に出ることがあります。

血管炎

発熱や体重の減少、関節痛、筋肉痛、倦怠感、高血圧などの全身症状があらわれます。血液の流れが悪くなるため、胃腸などの内臓や皮膚などに潰瘍ができます。

橋本病

甲状腺ホルモンが減少する病気です。高い頻度で併発するため、注意が必要です。

続発性アミロイドーシス

線維構造をもつたんぱく質(アミロイド)は全身の臓器に沈着することによって機能障害をおこす病気です。
原因不明の下痢や便秘を繰り返す消化管障害や、肝臓の肥大などの症状があります。

強膜炎

突き刺すような眼の痛みや、涙量の増加や光に対して過敏になる症状です。

ご案内

電話受付

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前9時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

Call:03-3724-4856 tel:03-3724-4856 tel:03-3724-4856

アクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)  ・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学 ・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。

■メインメニュー
トップページ料金・メニュープロフィールQ & Aお問い合わせ予約空き状況はコチラ!

■コラム
東洋医学についてWHOにも認められた代替療法東洋医学――長い歴史に培われた理論
リウマチについて
リウマチ基礎知識1.関節リウマチの発症の原因とリウマチ遺伝子2.関節リウマチ発症の原因と環境因子3.膠原病とは4.膠原病と関節リウマチ5.特殊な関節リウマチ6.関節リウマチの症状7.リウマチの診断基準8.関節リウマチの進行9.関節リウマチと合併しやすい病気10.活動性の評価11.寛解について12.間違いやすい病気13.関節リウマチの検査14.薬による治療15.そのほかの治療16.運動療法17.ウィンド オブ オポチュニティ18.リハビリテーション 温熱療法19.リハビリテーション 温泉療法20.食事療法21.呼吸療法22.イメージ療法23.自然治癒力24.ストレスと自然治癒力25.自然治癒力を高める方法