Call:03-3724-4856

膠原病と関節リウマチ

目黒区の都立大学駅:鍼灸・整体院 tel:03-3724-4856

リウマチ基礎知識リウマチについて東洋医学について

10. 活動性の評価

活動性の評価DAS28

関節リウマチの治療の目標は、病気の活動期をコントロールして、寛解状態にもっていくことです。そのために、病気が治療前に比べてどう変化したのかを評価し、次のステップへの目標を設定することが大切です。

活動性の評価として、「腫れや痛みのある関節の数」「患者の自己評価」「血液検査」を点数化するDAS(Disease Activity Score(病気活動指数))28という指標が用いられています。

「腫れや痛みのある関節の数」は、全身の28の関節(下図参照)のうち、圧痛(A)腫れ(B)のある関節の数をかぞえます。

関節リウマチの活動性の評価
http://www.das-score.nl/das28/より引用

そして、血液検査のうち血沈の一時間の数値(C)(またはCRP(C反応性たんぱく)の数値(E))を調べます。そして、患者さんの自己評価で、左端を「症状なし=0」、右端を「最も悪い=100」とする長さ100mmのスケールを用いて、今の体調がどこに位置するかを患者さん自身が評価します(D)。

上記のA、B、C、Dの数値を用いて、下の計算式に当てはめて活動性の評価を出します。

<< 血沈値(ESR)を使う場合の計算式 >>
DAS28ESR = 0.555×√(A)+0.284×√(B)+0.7×LN(C)+0.0142×(D)

<<CRPを使う場合の計算式>>
DAS28CRP=0.555×√(A)+0.284×√(B)+0.36×LN(E+1)+0.0142×(D)+0.96

という式で、DAS用計算機を使えば簡単に出すことができます。

DAS28が3.2より小さければ、疾患活動性が低い。DAS28が3.2から5.1であれば、活動性は中程度。DAS28が5.1より大きければ、活動性は高いと判断します。 また、治療前のDAS28と治療後のDAS28を比較することで、治療の効果を判断できます。

ご案内

電話受付

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前9時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

Call:03-3724-4856 tel:03-3724-4856 tel:03-3724-4856

アクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)  ・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学 ・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。

■メインメニュー
トップページ料金・メニュープロフィールQ & Aお問い合わせ予約空き状況はコチラ!

■コラム
東洋医学についてWHOにも認められた代替療法東洋医学――長い歴史に培われた理論
リウマチについて
リウマチ基礎知識1.関節リウマチの発症の原因とリウマチ遺伝子2.関節リウマチ発症の原因と環境因子3.膠原病とは4.膠原病と関節リウマチ5.特殊な関節リウマチ6.関節リウマチの症状7.リウマチの診断基準8.関節リウマチの進行9.関節リウマチと合併しやすい病気10.活動性の評価11.寛解について12.間違いやすい病気13.関節リウマチの検査14.薬による治療15.そのほかの治療16.運動療法17.ウィンド オブ オポチュニティ18.リハビリテーション 温熱療法19.リハビリテーション 温泉療法20.食事療法21.呼吸療法22.イメージ療法23.自然治癒力24.ストレスと自然治癒力25.自然治癒力を高める方法